全身脱毛専門店シースリー(C3)についての口コミやお得な情報、他のサロンとの料金・値段、評判、プラン等の比較データをまとめました。 どれもシースリー(C3)に通う・予約前に全身脱毛初心者の女子に参考になるものばかり♪エステの予約前にクチコミをチェック!

シースリー脱毛の当日の流れ※施術前の準備と当日気をつけること

施術日前日:

自分の手が届く範囲の毛を剃っておくようにしましょう。そして、入浴後は肌の状態を整えるためにしっかり保湿を行い、早めに就寝して、体調を整えておきます。

施術日当日:

予約時間の5分前までには受付を済ませます。

施術室は完全個室で、プライベートな空間が確保されています。着替えを済ませて、いよいよ施術となりますが、施術前に肌を保護するヒアルロン酸配合の美肌ジェルを塗っていきます。

シースリーの全身脱毛ではヒアルロン酸配合ジェルを使用しています。

施術の際にはたとえ光脱毛といっても、肌に一切の負担が掛からないと言う事はありません。
多少は温かさを感じたり、施術後に赤みを帯びたりする事もあります。

これらの症状は、フラッシュ脱毛時に照射した光の強さによっても差のある事なのですが、肌が敏感な方や、乾燥肌気味の方等には、症状が気になる事があります。

その為、シースリー(c3)では施術による肌の負担を軽減させる為に、施術前にヒアルロン酸配合のジェルを塗布して、それから光を照射するようにしているのです。

肌への負担を軽減させると共に、美肌効果も期待出来るので、少しヒンヤリするとは思いますが、ジェルを使用して貰う方が肌にとっては良い事になります。

施術前にジェルを使わないエステサロンもあるようですが、その場合には使用するマシンに冷却機能が付いていたりする等、何等かの肌への負担を軽減する工夫がされている事がほとんどです。

脱毛をする前と施術を行った後で注意する事がいくつかあります。

シースリーで脱毛する前の準備と注意点

事前準備と注意点としては、ムダ毛の自己処理日焼けしないように気をつけましょう。
ムダ毛の自己処理は、脱毛する際には必ず必要になる事なのですが、その自己処理法についても、抜いたりする事はNGで、シェービングをする事が推奨されています。

シースリーの脱毛法は、シェービングを行った後の皮膚の下に隠れているムダ毛に対して光を照射し、効果を発揮するものなので、抜いてしまったのでは効果が無いのです。

また、日焼けに関しては、シースリー脱毛サロンの脱毛法が光を照射し黒い色に反応させる事によって脱毛効果を発揮する為に、日焼けした肌では、軽い火傷などの肌トラブルの原因になる事も考えられます。

出来るだけ、日頃から日焼け止めクリーム等を駆使して日焼けしていない肌で施術を受ける必要があるのです。

顔脱毛は化粧を落として施術する

顔脱毛をする場合、施術の前にはクレンジングオイル等でしっかりとメイクを落とす必要があります。
いつも使用しているクレンジングが手放せないと言う方は、持ち込んでも良いと思います。

どうしてメイクを落とさないといけないのか?

その理由は、メイクがマシンのヘッド部分についてしまったり、光を照射する事でどのような反応が出るのか分からない為です。
マシンのヘッド部分にメイクが付いてしまった場合は施術の邪魔になりますし、思うように照射できなくなってしまうかもしれません。

メイクの上から光を照射した場合に、どのような化学変化を起こすかはわからない事も同様で、場合によっては色素沈着の原因となる事もあるからです。

このような理由から、施術前にはサロンにてメイクをしっかりと全て落とさなければいけません。

施術が終わったあとのメイクは?

施術後すぐにメイクが可能な場合もありますが、できれば肌への負担を減らす為に、メイクは最小限にとどめておく方が良いでしょう。
どこまでのメイクが可能でどこまでがダメなのか、スタッフにしっかり確認しましょう。

施術当日はどんな服装がおすすめ?

どのステサロンでも施術当日の服装の指定等はありません。自由な服装で大丈夫です。
大抵の脱毛サロンでは、施術する個室に案内されると、専用のガウンや施術しやすいような専用の衣類に着替える事がほとんどですので、当日の服装は特に指定はありません。
ですので、会社帰りにサロンに行くと言う場合でも、仕事着のまま行く事も可能なのです。

脱毛当日の服装については、基本的には自由ですが、露出はなるべく控えましょう。
または施術後に1枚日焼け防止に羽織る物や日傘等を準備しておくと良いでしょう。
また、日焼け止めクリームを含め、日頃から普段使いしているスキンケア用品についても施術当日はもちろん、施術後の使用についても、様子を見ながら使用する事がおすすめだと思います。

シースリーで脱毛後のアフターケアと注意点

アフターケアはしっかり保湿することと日焼けしないこと。
脱毛した後に日焼けをした場合も施術部位に赤みを生じる事があります。

これは個人差があり必ず生じる症状では無い物の、もしも赤みを生じるようなら、アイシングを行う必要があります。

しばらくアイシングをする事で赤みも引き、それ以上のトラブルを防止する事が出来ます。
脱毛後は肌がデリケートな状態になっているので、普段使用している化粧品も場合によっては様子を見ながら使用するよう注意が必要になります。

制汗剤等を常用している方は、施術後は使用を一時的に控える等した方が良いと思います。

日焼けに関しては、前述したように施術後の肌はデリケートな状態となっている為に、出来るだけ日焼けをしないような努力をした方が良いと思います。

施術後の日焼けによって肌トラブルを起こす可能性や、今後の施術について継続して出来なくなる可能性があるからです。

投稿日:

シースリー脱毛口コミTOP

Copyright© シースリー脱毛口コミ , 2017 All Rights Reserved.